くせ毛を生かした髪型ショートアレンジ編!毎朝のセットが楽になるよ!

くせ毛を生かした髪型ショートアレンジ編!毎朝のセットが楽になるよ!

雨の日はハネるし、寝癖もつきやすくて、くせ毛の方が最も毛嫌いするショートヘア。

『くせ毛にショートヘアは厳禁』そんな思い込みをしていませんか?

 

髪の毛を短くしたいけれど、くせが強いからできないと諦めてしまっている方は結構いますが、ショートヘアでもくせ毛を生かす方法もあるんです。

動きも出しやすいショートヘアは、実はくせ毛を生かすのにもってこいの髪型なんですよ。

 

管理人

今回はくせ毛の方にもおすすめのショートヘアアレンジ方法をご紹介しますね。

 

ショートヘアだとアレンジも限られていると思われがちですが、そんなことはありません。

ショートヘアのケアのポイントから、くせ毛を生かした髪型までしっかりご紹介していくので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

 

くせ毛の種類

くせ毛を生かした髪型ショートアレンジ編!毎朝のセットが楽になるよ!

くせ毛には大きく4つのタイプがあります。

  • 波状毛
  • 捻転毛
  • 連珠毛
  • 縮毛

まずはそれぞれのくせ毛の特徴について確認しておきましょう。

 

くせ毛の種類:うねり

うねりの出やすいのは以下の2つのタイプ。

  • 波状毛
  • 捻転毛

波状毛は波のように大きくうねる毛で、捻転毛は平べったくコイル状にねじれた毛です。

日本人に最も多いタイプは波状毛といわれています。

 

どちらもうねりの出るくせ毛ですが、髪の毛を濡らした時にくせが収まるのが波状毛、濡らしてもくせが目立つのが捻転毛です。

この2つのタイプのくせ毛の場合、くせを生かしたパーマ風スタイルや無造作スタイルが作りやすくなります。

 

日本人に多いのは波状毛なので、多くの方はくせ毛を生かすことができるということです。

 

くせの種類:ちぢれ毛

一方で、ちぢれ毛にあたる縮毛や連珠毛はショートヘアには向かないタイプです。

チリチリゴワゴワとしており、髪を短くすると余計に広がったり、くせが目立ってしまいます。

 

このタイプのくせ毛の場合は、髪の毛を伸ばしてミディアムやロングにするのがおすすめです。

髪の毛を伸ばすことで、髪全体が重くなり、くせが落ち着きます。

 

髪の毛が長ければ髪をまとめることもでき、くせを隠すこともできますよね。

 

ショートヘアのメリット

ショートヘアのメリットとして以下のことが挙げられます。

  • 髪の毛のお手入れが楽
  • シャンプーが少量で済む
  • 髪の毛が軽くなる
  • 髪の毛が邪魔にならない
  • 背中ニキビができにくい

 

髪の毛のお手入れが楽

くせ毛を生かした髪型ショートアレンジ編!毎朝のセットが楽になるよ!

ショートヘアのメリットといえば、髪の毛のお手入れが楽であること!

髪の毛が短い分、洗う時間や乾かす時間が短縮できます。

 

髪の毛を乾かす時間が短いということは、ドライヤーの熱を当てる時間も短くなるので髪の毛へのダメージも軽減されます。

シャンプーの量も少なくて済むので、コストも低くなりますね。

 

また、髪が長いと汗を吸収しやすく、蒸れやすくなります。

特に夏は毎日しっかり洗わないと菌が繁殖してニオイが気になりますが、ショートヘアなら毎日のケアも簡単ですし、熱がこもらないので涼しくなります。

 

髪の毛が軽くなる

髪の毛が短いとロングヘアに比べて髪のボリューム調節が簡単になります。

トップにボリュームを出したり、頭部全体に丸みをつけたりと好みのシルエットも作りやすくなりますよ。

 

当然髪の毛が短ければ髪の重さも軽くなります。

髪の毛の量は1人平均10万本といわれており、髪の毛1本1本は軽いものですが、女性の場合は髪全体の重さは100~150gほどになります。

 

ロングの場合はその倍の200g程度になり、気づきにくいものの肩や首に負担がかかっています。

しかも、髪の毛は水分を吸収しやすいので、濡れた場合にはさらに重たくなります。

 

ロングからショートにすることで、髪の毛の重さを半分以下にすることができ、肩こりや首のこりを解消するだけでなく、すっきりとした印象を与えることができますよ。

 

髪の毛が邪魔にならない

くせ毛を生かした髪型ショートアレンジ編!毎朝のセットが楽になるよ!

髪の毛が長いと風で舞い上がったり、スポーツ時や食事の時に口元にかかったりしてちょっと邪魔に感じることがありますよね。

ショートにしてしまえば、髪を縛ったり、髪をかきあげたりする必要がなくなります。

 

実は髪の毛を縛るという行為は肩や首の筋肉を圧迫させ、肩こりや首のこりにつながります。

首や肩こりによって血行が悪くなると、頭皮や髪に十分な栄養が行き届かないなんてことにもなりかねません。

 

どうしても髪を縛る時はゆるめのゴムやシュシュを使うといいですね。

 

背中ニキビができにくくなる

くせ毛を生かした髪型ショートアレンジ編!毎朝のセットが楽になるよ!

案外見落としがちですが、私がショートヘアをおすすめするメリットがニキビの改善です。

髪の毛が長いとシャンプーやコンディショナーを洗い流す時に背中に洗浄成分がつき、肌に刺激を与えてしまいます。

 

また、毛先が背中に当たってニキビになってしまうこともあります。

背中のボツボツって自分では見えないけれど、嫌ですよね。

 

ショートヘアなら背中に毛先が当たることがなくなるので、ニキビができにくいんですよ。

 

ショートヘアのデメリット

メリットの次はショートヘアのデメリットについても考えてみましょう。

パッと思いついたのは以下の3つくらいでした。

  • 寝癖がつきやすい
  • カットの回数が増える
  • 似合わない場合がある

 

寝癖がつきやすい

くせ毛を生かした髪型ショートアレンジ編!毎朝のセットが楽になるよ!

髪の毛が短いと軽くなる分、寝ている間にハネやすく、朝のセットが大変になります。

ですから、髪の毛を寝る前にしっかり乾かし、朝もきちんとスタイリングをする必要があります。

 

朝が忙しい、スタイリングが苦手という方は最初は時間がかかり、面倒に感じるかもしれません。

 

カットの回数が増える

ショートヘアの場合、ロングやミディアムの場合に比べて髪の毛が伸びるとすぐに分かります。

そのため、髪型を維持するには頻繁にカットする必要があります。

 

定期的に美容院に通うという点ではコストがかかりますね。

 

似合わない場合がある

くせ毛を生かした髪型ショートアレンジ編!毎朝のセットが楽になるよ!

ミディアムやロングの場合、髪型が似合わないということはほとんどありませんが、ショートの場合は顔の形などによって似合わない場合があります。

ショートヘアが似合うといわれている顔の形は卵顔。

 

他にも、ベリーショートは丸顔、ショートボブは面長といったように、顔の形によって同じショートでも似合う髪型が違います。

雑誌などで1人で決めるのではなく、きちんと美容師に相談して決めればあなたの顔の形にあったスタイルを提案してくれると思いますよ。

 

くせ毛のショートヘアのお手入れ方法

くせ毛でショートにする場合は、日頃のお手入れや使用するシャンプーも大切です。

特に、シャンプーとドライヤーは毎日のことですから、正しいケア方法を意識してみてくださいね。

 

シャンプーの選び方

くせ毛を生かした髪型ショートアレンジ編!毎朝のセットが楽になるよ!

ボリュームの出やすいくせ毛の女性には、まとまりやすいしっとり感のあるシャンプーがおすすめです。

また、くせ毛は直毛に比べて髪の毛がダメージを受けやすいので、刺激を減らすためにもアミノ酸系シャンプーノンシリコンシャンプーがいいですよ。

 

また、乾燥しやすいので洗い流さないトリートメントを使用しましょう。

 

朝のセット時におすすめのスタイリング剤に関しては別記事で紹介しています。

>>くせ毛に負けるな!女子におすすめなスタイリング剤ランキング

 

ドライヤーの使い方

髪を濡らしたらくしで梳かし、タオルで水気を拭き取ります。

前髪は分け目が目立ちやすいので、根元を持ち上げながら前に向かって乾かしていきます。

 

前髪の後に全体を乾かします。

キューティクルの流れに沿って上から温風を当てていきましょう。

 

その後、毛先をまとめながら乾かします。

つむじが割れやすいので、髪の毛を持ち上げながら色んな方向から当てていきます。

 

最後に冷風を当ててツヤを出します。

 

動画

 

くせ毛を生かした髪型ショート編

くせ毛を生かした髪型ショートアレンジ編!毎朝のセットが楽になるよ!

それではショートヘアにおすすめのくせ毛を生かした髪型を紹介していきます。

 

ベリーショート

ベリーショートはショートカットよりさらに短いスタイルで、ボーイッシュな印象になります。

でも髪の毛の動きが出しやすく、くせやうねりが気になる人には実はおすすめ。

 

スタイリングの仕方次第で印象も大分変わります。

同じベリーショートでも、前髪の長さが違うだけで印象は変わりますね。

前髪が長いと女性らしさが出てきます。

 

外側に動きをつけるとワイルドでクールな感じになりますね。

カラーをアッシュ系にすると、外国人っぽい印象にも。

 

こちらはショートバングで前髪を短めにしたベリーショートスタイル。

可愛らしい印象になりますね。

 

マッシュショート

マッシュショートはブラウン系やオレンジ系などの明るい色が似合いますね。

髪の毛の動きがつくので、くせも目立ちにくく、上手に生かすことができます。

 

カジュアルショート

三島 崇嗣さん(@leaf.takashi)がシェアした投稿

ナチュラルな印象のカジュアルショート。

どんな服装にも似合う髪型です。

 

ゆるふわウェーブ

柔らかく女性らしい印象を与えるゆるふわウェーブ。

パーマ風スタイルはくせ毛の特徴を生かしたおすすめスタイルの1つです。

ショートでも女性らしさを出したいならウェーブをつけましょう。

 

無造作ショート

動きのある無造作ショートはくせが強い方にもおすすめ。

ワイルドにもなりますが、大人な印象も与えるスタイルです。

 

くせ毛を生かしたショートヘアのアレンジ方法

続いてアレンジ方法も紹介。

ショートだとロングやミディアムのように編み込んだりすることが難しいですが、ヘアピンなどの小物を使ったり工夫次第でちょっとしたアレンジを楽しむことができます。

 

ショートお団子

ベリーショートだと難しいですが、ショートボブくらいの長さであれば、トップとサイドの髪をまとめることができますよ。

襟足はさすがにまとめるのが難しいので、ピンで留めたり、ワックスで固めるか残すようにしましょう。

 

動画

 

ねじりヘア

髪の毛が短くても、サイドや前髪をねじることはできますよね。

ねじりを活用してヘアアレンジを楽しむことができます。

 

動画

 

ヘアピンアレンジ

kozuさん(@k_o_z_uuuuu)がシェアした投稿

ヘアピンを使ったアレンジもショートヘアならでは!

ぜひピンテクニックもマスターしてショートヘアをアレンジしてみてくださいね。

 

動画

 

ポンパドール

前髪をお団子のように上げるポンパドールは簡単なのにオシャレに見せるおすすめアレンジ。

簡単なので、ぜひやってみてくださいね。

 

動画

 

まとめ

くせ毛を生かした髪型ショートアレンジ編!毎朝のセットが楽になるよ!

ショートヘアでも思った以上にアレンジが豊富なのが分かったのではないでしょうか?

髪型のカットの仕方や前髪の長さだけでも印象は変わりますし、ヘアピンなどの小物を使うことで色んなスタイルを楽しむことができます。

 

ショートヘアだからアレンジが少ない、くせ毛は短くできないということはありません。

ただし、顔の形によって似合う髪型と似合わない髪型があるので、美容師にイメージを伝えて一緒に決めるといいですね。

 

また、ショートの場合はスタイリングも大事となりますので、スタイリング剤も髪質に合ったものを使うようにしましょう。

>> くせ毛に負けるな!女子におすすめなスタイリング剤ランキング

くせ毛を生かした髪型ショートアレンジ編!毎朝のセットが楽になるよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です