50代女性特有の悩みを解決〜くせ毛を生かした髪型アレンジ編!

50代女性特有の悩みを解決〜くせ毛を生かした髪型アレンジ編!

50代になると、髪の毛が薄くなるだけでなく、パサパサやチリチリも酷い状態になることがあります。

それだけではなく、抜け毛が増えて薄くなってしまうことも……。

 

若い頃とは髪質もだいぶ変わり、くせ毛について悩む方も大勢います。

 

管理人

しかし、くせ毛を年齢だからと諦めているとさらに悪化してしまいますよ。

 

今回は50代の髪の毛の特徴から、ケア方法やくせ毛を生かした髪型まで、徹底的に調べてみたのでぜひ最後までチェックしてくださいね。

 

50代の髪の毛の特徴は?

50代女性特有の悩みを解決〜くせ毛を生かした髪型アレンジ編!

50代になると若い頃と髪質も変化し、扱いにくくなったり、髪型が思い通りにセットできなくなりますよね。

50代の髪の毛の特徴や抱える悩みといえば、以下のようなことが挙げられます。

  • パサパサになる
  • チリチリになる
  • ぺちゃんこになる

 

パサパサになる

乾燥して水分が少なくなると髪の毛はパサついてしまいます。

パサパサの髪だと老けて見えるって知っていますか?

 

同じ50代でも髪の毛にツヤがあれば若く見てもらえるんです。

でしたら、できるだけ健康でツヤとコシのある髪でいたいですよね。

 

そもそも髪の毛がパサパサになるというのは髪へのダメージが原因です。

 

髪の毛の水分量は11~15%といわれていますが、髪がダメージを受けてキューティクルが剥がれると髪の内部の水分が出ていってしまい、髪の毛は当然パサついてしまいます。

要するに、乾燥してしまうんですね。

 

髪の毛がダメージを受ける原因としては以下のことが挙げられます。

  • 紫外線
  • 薬剤
  • 生活習慣

 

紫外線

50代女性特有の悩みを解決〜くせ毛を生かした髪型アレンジ編!

紫外線は殺菌作用があり、適度に日光を浴びることは体に良いといわれていますが、紫外線の浴びすぎは肌や髪の毛に大きな影響を与えます。

頭皮も紫外線の刺激を受けると、新しい毛が生えにくくなったり、抜けやすくなってしまいます。

 

紫外線から髪を守るためにも、帽子を被ったり、UVスプレーを使うなどの工夫が必要となります。

ただし、UVスプレーなどは本来は髪に必要のないものなので、使った日はしっかりとシャンプーを行ない、寝る前にしっかりと落とすようにしてくださいね。

 

私たちの髪の毛は主にケラチンというタンパク質でできています。

タンパク質は熱を加えると硬くなる性質があります。

 

例えば、卵は生だと液状ですが、ゆでると固まってゆで卵になりますよね。

 

熱によって変質した髪は硬くなり、切れやすくなってしまいますので、ドライヤーやアイロンを高温で使う場合には注意が必要です。

ドライヤーをする前に洗い流さないトリートメントやヘアオイルを使って、髪を熱から保護しましょう。

 

薬剤

50代女性特有の悩みを解決〜くせ毛を生かした髪型アレンジ編!

カラーやパーマは髪の毛をオシャレにするのに欠かせないですよね。

でも、カラーリング剤やパーマ液は髪の毛の内部まで浸透し、髪の毛を内側から壊しているんです。

 

若い頃にパーマやカラーを繰り返していると髪の毛のダメージも強く、修復にも時間がかかります。

ですから、50代になって『髪の毛のくせが気になるから』『ボリュームを出したいから』とパーマやカラーを繰り返していると髪の毛はどんどん傷んでパサパサになっていきます。

 

生活習慣

50代になると、20代に比べて体力も免疫力も低下しているので、不規則な習慣は体に影響を与えます。

風邪を引きやすくなったり、傷の治りも遅くなります。

 

血流も悪くすることにもつながり、頭皮や髪の毛に必要な栄養や血液が届きにくくなります。

その結果、ますます髪の毛が弱って、パサパサになってしまいますよ。

 

特に、たばこは血管や自律神経に悪影響を及ぼし、薄毛や抜け毛にもなってしまいます。

発がん性物質も含まれていて、百害あって一利なしですよね。

 

髪の毛がチリチリになる

50代女性特有の悩みを解決〜くせ毛を生かした髪型アレンジ編!

髪がうねったり、チリチリになる原因には、髪の毛の構造が関係しています。

私たちの髪の毛は3つの層で成り立っており、外側がキューティクル、内側がコルテックス、そして中心がメデュラでできています。

 

キューティクルは髪の毛を保護する役割がありますが、コルテックスは髪の毛の弾力などに関与しています。

特に、うねりはコルテックスの分布に偏りがあることによって起こるともいわれています。

 

バランスよく均一であれば、まっすぐな髪の毛ですが、不均一に並んでいると髪の毛がねじれてしまい、これがうねりとなります。

また、頭皮は弾力が失われることもうねりの原因になります。

 

ですので、頭皮の乾燥を改善させることもうねりの改善につながります。

 

ぺちゃんこになる

50代になると髪の毛の量が少なくなり、ボリュームが減ってぺちゃんこになってしまいます。

これは抜ける毛が増え、新しい髪の毛が生えにくくなるためです。

 

髪の毛の量が減る原因として大きいのが女性ホルモンです。

女性ホルモンは髪の毛を成長させ、丈夫にする働きがあります。

 

しかし、50代になると女性は閉経を迎え、女性ホルモンの分泌量は極端に減少します。

 

髪の毛のくせ毛の種類と原因は?

 

くせ毛の種類

くせ毛には大きく4つの種類に分類されています。

  • 波状毛
  • 捻転毛
  • 連珠毛
  • 縮毛

この中でも日本人に多いくせ毛は波状毛という、波のような大きなうねりのあるタイプの毛です。

 

くせ毛は遺伝だけでなく、加齢や生活習慣によって後天的に起こることもあります。

若い頃は髪の毛がまっすぐだったのに、年をとったらくせ毛になったという人も大勢います。

 

くせ毛の原因

50代女性特有の悩みを解決〜くせ毛を生かした髪型アレンジ編!

加齢によって、くせが強くなったと感じる場合は、頭皮の老化が原因です。

50代になると肌が衰え、毛穴が歪んでしまいます。

 

本来毛穴は綺麗な円形をしていますが、歪んで楕円形になると、当然髪の毛はその毛穴に合わせてつぶれた状態で出てきます。

すると、まっすぐな髪ではなく、曲がった髪の毛になってしまいます。

 

くせ毛が生える仕組み

髪の毛は、毛穴の奥の毛母細胞で作られます。

毛母細胞で誕生したばかりの毛は柔らかく、毛穴を通って頭皮の表面に出ていくまでに硬くなっていきます。

 

しかし、毛穴が曲がったり歪んでいると、毛穴を通る時に柔らかい毛は毛穴に沿って曲がった形で硬くなります。

これが髪の毛がうねったり、くせになってしまう仕組みです。

 

そして、この毛穴を曲げてしまう頭皮の老化の理由の1つとして紫外線が関係しているんです。

 

紫外線の影響

50代女性特有の悩みを解決〜くせ毛を生かした髪型アレンジ編!

先ほども簡単に述べましたが、紫外線は肌の奥まで浸透して細胞を壊し、肌を老化させます。

 

その結果、髪の毛を作る毛母細胞の機能を低下させ、ヘアサイクルを乱してしまいます。

ヘアサイクルとは、髪の毛が生まれてから抜けるまでの周期のことです。

 

それだけでなく、紫外線はメラニンを分解し、黒々とした健康的な髪を赤茶色や白茶色に変化させます。

紫外線によって、薄毛や白髪につながってしまうこともあるんです。

 

さらに、紫外線の影響を受け続けると頭皮が乾燥や炎症していきます。

すると、古い角質が溜まり、皮膚が厚くなっていきます。

 

毛穴に皮脂が溜まりやすくなり、溜まった皮脂は酸化して頭皮環境を悪化させ、髪の毛を弱らせてしまいます。

 

50代のくせ毛の改善方法

50代になると髪の毛のお悩みが増えますが、その中でもくせ毛の改善方法についてまとめてみます。

くせ毛の原因は頭皮の老化による毛穴の歪みが関係しているとお伝えしました。

 

くせ毛を改善するには頭皮環境の改善が大切です。

 

頭皮環境を改善するための方法として3つを意識してみましょう。

  • シャンプーを変える
  • 頭皮マッサージをする

 

シャンプーを変える

頭皮環境の改善といえば、日々使用するシャンプーの見直しをしましょう。

刺激の強すぎるシャンプーは頭皮を傷つけてしまいます。

 

特に市販のシャンプーは石油系シャンプーが大半で、シャンプーの中でも洗浄力が強いことが特徴です。

洗浄力が強すぎず、頭皮と同じ弱酸性のアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

>>くせ毛や髪質改善に効果があるシャンプーランキング

 

頭皮マッサージをする

50代女性特有の悩みを解決〜くせ毛を生かした髪型アレンジ編!

頭皮環境を改善するには血流を良くすることも大事です。

頭皮マッサージなどで、頭皮をほぐすことにより、髪の毛にも栄養が生きやすくなりますよ。

 

皮膚のたるみによる毛穴の歪みを抑えることもできます。

特に、特別な技術は必要なく、両手の指の腹で適度に押すだけなので手軽にできることも魅力です。

 

ただし、強い刺激は逆効果になりますので注意してください。

お風呂上がりなど、体が温まっている時に行うとより効果的です。

 

50代のくせ毛を生かした髪型別スタイル!

それでは50代におすすめの髪型やアレンジ方法をご紹介していきます。

 

ショートアレンジ編

 

大人ショート

 

ハンサムショート

 

ミニマムショート

 

ニュアンスショート

 

ミディアムアレンジ編

 

外ハネミディ

HARUKAさん(@pyon__haru)がシェアした投稿

 

グラマラスミディ

 

ワンカールミディ

石井優輝さん(@yuuki1031)がシェアした投稿

 

ロングアレンジ編

 

ナチュラルロング

 

Aラインロング

@navy_sate_がシェアした投稿

 

ワンレンロング

Rize Hairさん(@rizehair0916)がシェアした投稿

 

まとめ

50代女性特有の悩みを解決〜くせ毛を生かした髪型アレンジ編!

50代の髪の毛の特徴とくせ毛を生かした髪型を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

50代になると髪の毛をまとめるよりもショートにしたり、髪の毛を下ろしているほうが実は髪を締め付けずダメージを減らすことができます。

カット次第で色んなアレンジもできるので、美容師に相談してみてくださいね。

 

また、若い頃よりもダメージを受けやすくなっているので、日頃のケアも大切です。

日々のお手入れも見直して、ツヤツヤした美しい髪を維持することで、年齢よりも若く見られますよ。

50代女性特有の悩みを解決〜くせ毛を生かした髪型アレンジ編!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です