髪の毛が細いのが悩み!おすすめの髪型やアレンジ方法とは?

髪の毛が細いとボリュームが少なく、なかなか思ったように髪をアレンジが効かないという経験ありませんか?

可愛い髪型にしたいのに、どんな髪型にしたらいいのか分からなかったり、話題のヘアスタイルを取り入れても雑誌のように思い通りにならなかったり……

 

管理人

でも、たとえ細髪だったとしても素敵な髪型にアレンジすることができます!

 

今回は髪の毛が細い女性必見のとっておきの髪型をご紹介します!

ぜひこの記事を参考にして日々のアレンジに取り入れたり、新しいヘアスタイルがあればチャレンジしてみてくださいね。

 

髪の毛が細い女性の髪型が決まりにくい理由は?

髪の毛が細いのが悩み!おすすめの髪型やアレンジ方法とは?

髪の毛が細い人は髪の量が少なく、ボリュームがなくなりがちです。

ですから、同じまとめ髪などでも、全体的に髪の毛がペタッとして見え、見た目が寂しくなったりと、ヘアスタイルを作るのが難しいんですよね。

 

また、ツヤもなくなりパサパサになりやすかったり、抜け毛の量が増えたように感じることもあるでしょう。

ボリュームがあり、健康的な太い髪の毛に憧れる方も少なくありません。

 

ですが、実は髪の毛が太い方は細い髪の毛に憧れています。

なので、あなたは髪の毛が細いことに悩む必要はありません。

 

それよりも、自分の髪質を理解し、それに合った髪型やアレンジをすればいいんです。

 

細い髪の方のヘアスタイルの基本はボリュームが出るようにセットすることです。

髪の毛を逆毛にしたり、切り方次第で量があるように見せることができます。

 

細髪を上手に活かし、あなたに似合う髪型を見つけましょう!

 

髪の毛が細い人の特徴

髪の毛が細いというのはどんな状態のことでしょうか?

細髪の方の特徴として、以下のようなことが挙げられます。

  • 髪の毛にコシがない
  • 手触りが柔らかい
  • まとまりやすい

 

私たちの髪は、まず毛が伸び、続いて外側のキューティクルが厚くなっていきます。

これにより、太く丈夫な髪に成長していきます。

 

つまり、髪の毛が細いということは、髪が成長しきっていないということです。

細い毛はキューティクルが薄く、コシがなくいので、外からの熱や刺激などのダメージを受けやすくもあります。

 

さらに、コシがないのでボリュームが出にくく、ペタっとした印象になってしまうので、年を重ねると薄毛が気になるようになります。

 

でも、悪い面ばかりではなく、まとまりやすいというメリットもあるんですよね。

なので、このメリットを上手に活かすことができれば、細い髪の毛でもアレンジ次第で可愛くすることができるんです。

 

髪の毛が細い女性の髪型のポイント

髪の毛が細い方におすすめの髪型を探す時のポイントについてもお話していきますね!

  • 全体を短めにカットする
  • 分け目をつけない
  • 前髪を厚くする
  • 立体感を出す

それぞれどういったことかを説明していきます。

 

全体を短めにカットする

髪の毛をショートヘアにするということですね。

髪の毛は短くすると軽くなるので、スタイリング剤で動きを付けやすくなります。

 

ロングヘアだとトップにボリュームを出すのが難しいんですが、ショートヘアやボブなら髪の毛を立てることもできます。

それによって、髪の毛が多いように見せることができるんですよ。

 

分け目をつけない

髪の毛を分ける時についつい同じ方向に分けてしまいたくなるんですが、分け目にくせがついてしまうと、その部分が薄毛に見えてしまいます。

分け目やつむじの地肌が広い人ってちょっと気になりますよね。

 

この薄毛をカバーするためにも、分け目を毎日変えたり、分け目のない髪型にするなどの工夫をしましょう。

 

前髪を厚めにする

髪の毛が細くて薄く見える方は前髪も意識してくださいね。

 

前髪からおでこが透けて見えると量が少なく感じられます。

前髪を多めに取ることで髪の毛のボリュームがあるように見せることができますよ。

 

立体感を出す

髪の毛に動きを出しましょう!

髪が細い方は全体的にボリュームがないというのが特徴なので、毛先をハネさせたり、動きをつけることでボリュームアップさせることができます。

 

また、ヘアアイロンで巻いたり、カットをする時に段を入れてもらうという方法もあります。

パーマもいいのですが、髪質改善という意味ではダメージの強いパーマはあまりおすすめしません。

 

なので、細い毛で髪型に悩んでいるなら、ワックスやカットの仕方で動きをつけた髪型を作るようにしてほしいですね。

 

髪の毛が細くなる原因は?

髪の毛が細いのが悩み!おすすめの髪型やアレンジ方法とは?

そもそも髪の毛が細くなるのはどうしてでしょうか?

髪型を紹介する前に、髪の毛が細くなってしまう理由についてもお話していきますね。

 

髪の毛が細くなるのはヘアサイクルが短く、十分に髪の毛が成長する前に抜け落ちてしまうからです。

髪の毛の血行不良や栄養不足により、髪の毛が弱くなると切れやすくなったり、抜け毛が増えたりしてしまいます。

 

このヘアサイクルが乱れる原因はホルモンバランスの乱れです。

女性ホルモンは髪の毛を成長させますが、この女性ホルモンの量が減り、男性ホルモンが増えると髪の毛の成長を抑制してしまいます。

 

管理人

男性のほうが薄毛になりやすいのは、男性ホルモンが多いからなんですね。

 

では、どうして女性ホルモンは減ってしまうのでしょうか?

 

女性ホルモンが減少する理由

女性ホルモンが減少する理由としては、大きく2つあります。

  • 加齢
  • 生活習慣

 

加齢

私たちは年を重ねるにつれてホルモンの分泌量が減少していきます。

特に、女性ホルモンのエストロゲンは出産後がピークですが、その後徐々に少なくなっていき、更年期を迎えるとガクンと下がります。

 

生活習慣

食事や睡眠も大切です。

私たちの体は夜中にホルモンを作っていますが、夜更かしをしていると十分なホルモンが作られません。

また、食事のバランスも偏ってしまうと、頭皮に十分な栄養が届かず、髪の毛が弱ってしまいます。

 

これだけではありません。

普段何気なくやっていることが、実は髪の毛を細くしてしまう原因となっています。

 

他にも髪の毛が細くなる原因や対策についてまとめていますので、ぜひこちらの記事も参考にしてくださいね。

>>髪の毛が細いのは生まれつきなの?原因や対策方法には何がある?

 

髪の毛が細い女性におすすめの髪型はコレ!

それでは髪の毛が細い女性におすすめの髪型を紹介していきますね。

 

ショートヘア

髪の毛が細い方におすすめしたいのがショートヘアスタイル

髪の毛が長いと重みが出て、髪の毛も下に引っ張られるので頭頂部などはペタンとしてボリュームが出にくくなってしまいます。

 

髪の毛をバッサリとカットし、短くすることで軽くなり、動きが出て髪の毛の量の少なさが気にならなくなるんですよ。

 

ショートバング

前髪を短くしたショートバング。

後ろも前も短めなので、髪の毛全体をボリュームアップさせることができます。

ただし、前髪からおでこが見えないようにするのがポイントです。

 

斜め分けバング

前髪を少し長めにして、斜めに分ける斜め分けバング。

前髪をトップにもってくることで頭頂部にもボリュームを出すことができるんですよ。

 

ボブ

ボブスタイルは今人気の髪型ですよね。

ポイントはレイヤーを入れること。

これで立体感が出て、動きのあるスタイルを作ることができます。

 

ショートボブ

短めのボブスタイル。

ただし、通常のボブだと重たくなって髪の毛がペタンとしてしまうので、段を入れて動きが出るようにしましょう。

 

エアリーボブ

ふんわりとした可愛らしい印象を与えるエアリーボブ。

ショートボブとは全く違いますよね。

表面にコテを当てて巻くことで動きが出るので、髪の毛の細い女性におすすめの髪型です。

 

ミディアムレイヤーカット

ボブと同じく段を入れたレイヤーカットなら、動きがあり、髪の毛の細さや量の少なさが気になりません。

これだけでも十分ですが、スタイリング剤でさらに動きをつけてみてもいいですね。

 

髪の毛が細い女性におすすめのヘアアレンジ方法はコレ!

髪の毛が細いのが悩み!おすすめの髪型やアレンジ方法とは?

髪の毛が細い方はショートヘアがおすすめですが、せっかく伸ばした髪を切るのは嫌という方もいますよね。

そこで、ロングヘアの方におすすめのアレンジ方法もご紹介します。

 

髪の毛が細くても簡単に決まるヘアスタイルを集めましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

くるりんぱ

簡単におしゃれで可愛い髪型にするなら『くるりんぱ』がおすすめ。

同じくるりんぱでもやり方次第で色んなバリエーションが楽しめます。

 

くるりんぱ動画

 

くるりんぱのやり方

スタイリング剤を毛先や髪の表面につけます。

表面を取り分け、斜めに持ってきてゴムを結びます。

 

横から指を入れて、髪の毛を抜きます。

ゴムの部分からほぐしていきます。

 

下の髪をくるりんぱのところに持ってきて、ゴムで結びます。

くるりんぱして、髪を少しほぐします。

 

ねじりポニー

broochさん(@nakasu_brooch)がシェアした投稿

ロングヘアのスタイルとして定番のポニーテールもねじってふんわりさせると、立体感があり、ボリュームがあるように見えます。

逆毛を立てるのもポイント。

 

ねじりポニー動画

ねじりポニーやり方

顔周りの髪は分け、耳より後ろの髪を1つにしてゴムでまとめます。

サイドの髪を2つに分け、後ろにねじって編み、少しずつほぐしていきます。

 

編んだ毛束を後ろにくくったゴムにしまいこみます。

反対側も同じようにしましょう。

 

最後にトップを引っ張り、ふわっとさせれば完成です。

 

ハーフアップ

髪の毛が細くて柔らかいという特徴を活かして、ハーフアップスタイルもおすすめ。

まとめ髪ではなく、半分髪を降ろしているのでフェミニンな雰囲気になりますね。

 

ハーフアップ動画

 

ハーフアップやり方

トップの毛を結び、くるりんぱして毛を引き出して整えます。

 

耳の上の毛をくるりんぱした結び目で結びます。

再び、くるりんぱして毛を引き出しましょう。

 

左右の髪の毛をロープ編みします。

髪を引き出してボリュームを出し、毛先をゴムで留めます。

 

ロープ編みした毛束をくるりんぱした結び目にかぶせ、毛先を折り込んでピンで留めます。

 

三つ編みシニヨン

大人可愛いシニヨンスタイル。

三つ編みとシニヨンを組み合わせたスタイルも、通常の三つ編みやシニヨンよりもボリューム感を出してくれていいですよ。

簡単なのにおしゃれにまとまるのでおすすめです。

 

三つ編みシニヨン動画

 

三つ編みシニヨンやり方

後ろの髪をジグザグに分け、片方の毛束を三つ編みにします。

襟足のほうから編んでいき、6、7回編んだら崩していきます。

 

毛先まで編んだらゴムで留めましょう。

反対側も同じようにします。

 

左の毛束を右に持っていき、毛先と中間部分をピンで留めます。

反対側も同じように留めます。

 

髪の毛をセットする時のポイント

髪の毛をセットする時のポイントも合わせてご紹介しますね。

 

ドライヤーの使い方

ドライヤーを使う時は真上からではなく、後ろから前に風を当てるようにしましょう。

さらに、髪の毛の根元が立ち上がるように乾かします。

 

最後に冷風を当てるとツヤが出て、形も決まりやすくなります。

 

スタイリング剤のつけ方

スタイリング剤の選び方や使い方も意識してみてくださいね。

細毛の方はワックスが重たかったり、つけすぎてしまうとボリュームダウンさせてしまいます。

 

1日スタイルをキープするなら、軽めのものを毛先につけるようにしましょう。

 

まとめ

髪の毛が細いのが悩み!おすすめの髪型やアレンジ方法とは?

髪の毛が細くて悩んでいる方におすすめの髪型やアレンジ方法を紹介しましたが、あなたが真似してみたい髪型は見つかりましたでしょうか?

簡単にできる髪型をピックアップしたので、ぜひ試してみてくださいね。

 

また、髪型だけでなく、髪の毛が細い方はボリュームが出ないことに諦めがちです。

しかし、普段の生活を心がけるだけでも髪質が改善されていくので、ぜひ日頃の生活習慣も見直してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です