頭頂部や頭皮が痛い?ピリピリする原因や対策は?

頭頂部や頭皮が痛い?ピリピリする原因や対策は?

あなたは頭皮がピリピリしているような痛みを感じたことはありませんでしょうか?

髪をとかしたり、風に触れただけでも頭皮に痛みを伴う場合や、何もしていないのに頭頂部や後頭部にしびれたような不快感を感じることもあります。

 

このような症状が続くと『何か病気ではないのかな』と心配になりますよね。

頭皮がピリピリする痛みの原因は何なのでしょうか?

 

管理人
実は、頭頂部や頭皮の痛みの原因は1つではありません。

 

今回は頭頂部や後頭部がピリピリと痛む原因と原因別の対策方法について分かりやすくまとめてみました。

仕事の休憩中や普段の生活の中でできる頭皮ケアも紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

頭頂部や頭皮がピリピリ痛む原因は?

頭頂部や頭皮が痛い?ピリピリする原因や対策は?

頭が痛いと聞くと、真っ先に思いつくのが頭痛です。

しかし、頭痛のようなズキズキとした痛みではなく、皮膚がピリピリもしくはチクチクした痛みの場合は頭皮に原因があります。

 

考えられる頭皮の痛みの原因は主に5つです。

  • 頭皮の乾燥
  • 頭部のコリ
  • 頭皮のニキビ
  • 帯状疱疹
  • 神経痛

それぞれの原因と症状についてさらに詳しくみていきましょう。

 

頭皮の乾燥

頭皮トラブルの原因には乾燥が挙げられます。

頭皮の乾燥には、生まれ持った肌質や使用しているシャンプーが関係しています。

 

私たちは乾燥肌やオイリー肌(脂性肌)など生まれつきの肌質がありますが、乾燥しやすい肌質の方は、皮脂の分泌が少ない傾向があります。

皮脂は頭皮の潤いを保ち、皮膚を守る役割があります。

 

しかし、分泌が少ないと紫外線やほこりなど外からの刺激を受けやすくなってしまいます。

乾燥によって皮膚の一番外側の角質層が弱くなると、肌の保水力が低下します。

 

その結果、肌が敏感になり、少しの刺激でピリピリした電気のような痛みを感じるようになります。

 

頭部のコリ

頭頂部や頭皮が痛い?ピリピリする原因や対策は?

頭のコリも痛みの原因の1つです。

頭部のコリは肩や首のコリと同様に筋肉の硬直によって起こります。

 

頭皮の下には3つの筋肉があります。

  • 前頭筋(頭の前部分)
  • 側頭筋(頭の横の部分)
  • 後頭筋(頭の後ろの部分)

これらの筋肉が緊張して硬くなると、血流が悪くなり、十分な酸素や栄養が頭皮に行かず、痛みを生じます。

 

コリの原因は主に生活習慣です。

  • パソコンやスマホを長時間使用している人
  • デスクワークをしている人
  • 目を酷使している人

これらの生活をしている人は首や肩もコリやすく、全身が硬い状態になっている場合が多いです。

目や体を休めたり、定期的に体を動かすことが大切です。

 

頭皮のニキビ

頭皮にもニキビができることを知っていますでしょうか?

頭皮は髪の毛に覆われているので気づきにくいですが、全身でもニキビができやすい場所でもあります。

 

ニキビができる理由は、毛穴が皮脂で塞がれ、そこに菌が繁殖して炎症を起こすためです。

頭皮は毛穴が約10万個ありますから、皮脂が詰まりやすいのも分かりますよね。

 

特にオイリー肌の方は皮脂の分泌が多いため、ニキビができやすいんです。

 

また、ニキビがあるとついつい手で触ってしまいがちですが、手には多くの菌がついています。

ニキビが雑菌によって悪化してしまうので、むやみに触るのはやめましょう。

 

他には、毛穴の汚れをシャンプーでしっかりと落とせていないこともニキビの原因となります。

 

生活習慣によるニキビ

ニキビができる原因として、ストレスや睡眠不足などの生活習慣も挙げられます。

私たちは強いストレスがあると、ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンの分泌が増えます。

男性ホルモンはニキビをできやすしてしまいます。

 

管理人
ニキビは女性ホルモンの関係かと思っていたので意外ですよね。

 

帯状疱疹

帯状疱疹の症状は、体や頭部の片側にピリピリした痛みや皮疹が出て、その後水ぶくれができるというものです。

 

帯状疱疹の原因は過去に感染した水疱瘡ウイルスによるものです。

体内の神経節に潜伏したウイルスが活性化し、帯状疱疹を発症しますが、再発はまれといわれています。

 

この場合は早期治療が大切なので、病院で受診するようにしましょう。

治療方法は抗ウイルス薬の投薬などになります。

 

頭皮神経痛

頭頂部や頭皮が痛い?ピリピリする原因や対策は?

頭頂部や頭皮のピリピリした痛みの大きな理由として、頭皮神経痛も考えられます。

頭皮神経痛は別名、後頭神経痛といい、頭頂部や後頭部の頭皮がピリピリと痛むという特徴があります。

 

頭皮神経痛は頭部の末梢神経が圧迫されることによって、電気のような鋭い痛みが数分から数時間おきに発生します。

しかも、頭皮に触れるだけで痛みや不快感を感じることもあります。

 

さらに、この神経痛は頭皮や髪の毛に悪い影響を与え、抜け毛や薄毛の原因にもなってしまうといわれています。

 

頭皮神経痛の症状

頭皮神経痛は発症部位によって名称が異なります。

  •  大後頭神経痛(後頭部から頭頂部)
  • 小後頭神経痛(側頭部)
  • 大耳介神経痛(耳の後ろ側)

 

代表的な症状は以下の5つです。

  • 頭頂部がピリピリして痛い
  • 後頭部がズキズキして痛い
  • 耳の後ろが痛い
  • ブラシで髪の毛をとかすだけで痛い
  • 頭を洗っているだけで痛い

これらは前兆がなく、突然発症します。

 

しかも、症状がひどくなってくると、痛みが無い時でも頭皮が痺れているような不快感があります。

痛みは数分から数時間おきに現れ、数日から一週間くらいで治ります。

 

しかし、いくら自然に治るといっても放置していたら、何度でも繰り返すのは辛いですよね。

 

頭皮神経痛の原因

頭皮神経痛の原因は以下のものが挙げられます。

  • ストレス
  • 疲労
  • 姿勢
  • 季節の変わり目

 

強いストレスがあると筋肉が緊張して硬くなり、神経を圧迫してしまいます。

また、疲労によって血流の流れが悪くなり、必要な栄養素がいかなくなることでも発症します。

 

頭皮の痛みの見分け方

頭皮の痛みには5つの原因があることをお伝えしましたが、どのように見分けたらいいのでしょうか?

 

まず、帯状疱疹は片側の痛みなので、感じたらすぐに病院で受診しましょう。

あとの4つは頭皮に触れて見分けることができます。

 

頭皮に触れると痛い場合

頭皮に触れて痛みを感じる場合は2つに絞ることができます。

  • 頭皮神経痛
  • 頭皮のコリ

 

後頭神経痛の場合、押すとズキズキとした痛みがありますが、押さなくてもピリピリした感覚があります。

頭皮のコリの場合は打撲時のような鈍い痛みを感じます。

 

頭皮に触れなくても痛い場合

頭皮に触れても痛くない場合は以下の2つです。

  • 頭皮の乾燥
  • 頭皮のニキビ

 

頭皮の乾燥の場合はヒリヒリとした痛みが特徴です。

風が拭いただけや髪を溶かしただけで痛みを感じることもあります。

 

頭皮のニキビが原因の場合も同じくヒリヒリした痛みがありますが、頭を軽く触ってブツブツした感覚があればニキビによるものであることが多いです。

ただし、手には雑菌がついているので確認する前に手を洗い、触りすぎないようにしましょう。

 

頭頂部や頭皮が痛む時の対策は?

頭頂部や頭皮が痛い?ピリピリする原因や対策は?

ここまでは頭頂部や頭皮が痛む原因について紹介しました。

それでは、これらの症状を改善するにはどうしたらいいのでしょうか?

原因別にまとめてみました。

 

頭皮の乾燥の対策

頭皮が乾燥している場合の対策は3つあります。

  • シャンプーを変える
  • 髪にダメージを与えない
  • 頭皮用ローションを使用する

頭皮が乾燥している場合、肌を乾燥させない・保湿をするということが大事になります。

 

 シャンプーを変える

健康的な頭皮は水分と油分のバランスがいい状態ですが、乾燥している肌は皮脂の分泌が少ないという性質があります。

そのため、洗浄力が強いシャンプーを使っていると、ただでさえ少ない皮脂をさらに取り除いてしまうということになります。

 

しかし、市販のシャンプーの大半は石油系シャンプーであり、洗浄力が強く、泡立ちがいい分必要な皮脂も取り除いてしまいます。

乾燥肌の場合は、アミノ酸系シャンプーを選ぶようにしましょう。

 

アミノ酸系シャンプーは泡立ちが弱く洗浄力はやや劣るものの、肌への刺激が少なく、頭皮の潤いやバリアに必要な皮脂を取りすぎてしまう心配がありません。

 

髪や頭皮にダメージを与えない

乾燥肌の頭皮はバリア機能が弱いため、外からの刺激を受けやすい状態にあります。

 

中でも、髪や頭皮に最もダメージを与える行為がヘアカラーです。

ヘアカラーの薬剤は皮膚への刺激が強く、時には薬剤の成分がアレルギーを引き起こしてしまう危険性もあります。

 

頭皮用ローションを使う

頭皮が乾燥しやすい場合、頭皮用ローションで保湿をすることもおすすめです。

頭皮用ローションをつけるタイミングはドライヤー後がいいですね。

 

乾燥しやすい季節は頭皮用ローションだけでなく、ヘアオイルを併用するとさらに効果的です。

 

頭皮のコリ

頭頂部や頭皮が痛い?ピリピリする原因や対策は?

頭皮のコリの場合は筋肉の硬直による血行不良が主な原因です。

 

一番は長時間同じ姿勢でいない、パソコンやスマホを使用しすぎないことですが、仕事でなかなかそうもいかないこともありますよね。

そんな時は定期的に体をひねったり、目を休めたり、席を立って姿勢を変えることが大切です。

 

頭皮のコリでおすすめなのは頭皮マッサージです。

頭皮マッサージは血行を良くするだけでなく、顔をすっきりさせたり、たるみを解消する効果があります。

 

頭皮マッサージ動画

 

管理人
入浴中やお風呂上がりなど全身が温まって筋肉が弛緩している時がおすすめです。

 

頭皮のニキビ

頭皮のニキビができやすい人はオイリー肌質であることが多いです。

頭皮から分泌された皮脂が毛穴につまり、炎症を起こしてニキビになってしまいます。

 

頭皮のニキビを改善する方法は主に2つです。

  • シャンプーを変える
  • ストレスを減らす

 

シャンプーを変える

ニキビができやすい頭皮は皮脂の分泌が多いので、オイリー肌用のシャンプーを使用しましょう。

洗浄力が強すぎると、かえって皮脂を過剰に分泌させる原因になりますし、弱いと不要な皮脂を取り除くことができません。

 

また、シャンプーは1日1回夜にするといいですね。

朝にシャンプーをすると、寝ている間は毛穴が汚れた状態で放置することになり、おすすめできません。

 

毛穴に皮脂がつまらないように、しっかりと頭皮を洗い、すすぎもしっかり行なってください。

 

ストレスを減らす

ストレスによってホルモンバランスが崩れると男性ホルモンの分泌が増えます。

また、強いストレスは交感神経を働かせるので、興奮や緊張をしている状態になります。

 

すると、眠れなくなったり、疲れがとれず血行不良を招く可能性もあります。

睡眠不足は肌のターンオーバーを崩し、頭皮の細胞が生まれ変わりにくくなります。

 

体を温めたり、ストレッチをしたり、ストレスを溜めないことが大切ですね。

 

神経痛の改善

頭頂部や頭皮が痛い?ピリピリする原因や対策は?

神経痛の改善方法も不規則な生活習慣を改善することです。

主に以下の方法があります。

  • 十分な睡眠
  • 体を冷やさない
  • 有酸素運動
  • 頭皮を保湿

 

頭皮神経痛はストレスや疲労による血流不足が主な原因となりますので、疲れをためないこと、血行を良くすることが大切です。

十分な休養と適度な運動をするようにしましょう。

 

頭皮の保湿には椿油やホホバオイルを塗布するといいですね。

保湿することで痛みを緩和することができるともいわれています。

 

ただし、あまりにも症状が酷い時は病院を受診しましょう。

 

起床時や就寝時のストレッチがおすすめです。

特に肩甲骨まわりをほぐすと、首や肩のコリもほぐれ、頭への血流も改善されます。

職場の休憩時間も首を回すだけでなく、肩甲骨を動かすように意識してみましょう。

 

ストレッチ動画

 

頭頂部や頭皮が痛い・ピリピリする原因と対策のまとめ

頭皮のピリピリした痛みには複数の理由がありました。

  • 頭皮の乾燥
  • 頭部のコリ
  • 頭皮のニキビ
  • 帯状疱疹
  • 神経痛

原因によって対策はそれぞれ微妙に違いますので、症状と原因に合った方法をとることが大切です。

 

しかも、これらの頭皮の問題を放置しておくと、抜け毛やフケの原因になることもあります。

特に血行不良は頭皮だけでなく全身に悪影響を及ぼす可能性もありますので、放置せずに違和感を感じたら正しい対処を行うようにしてくださいね。

頭頂部や頭皮が痛い?ピリピリする原因や対策は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です