産後に髪の毛がチリチリに?対策にはシャンプーが効果的!

産後に髪の毛がチリチリに?対策にはシャンプーが効果的!

産後に髪の毛がチリチリになったり、うねったりと髪質の変化を感じることがありますよね。

出産前はストレートヘアだったのに、出産したら髪が変わってしまったという方も珍しくありません。

 

なぜ出産すると髪の毛が変わってしまうのでしょうか?

 

管理人
その原因は女性ホルモンが関係していたんです!

 

今回は産後に髪の毛がチリチリになってしまう原因と対策について詳しく解説します。

おすすめのシャンプーについても紹介していますので、ぜひ参考にして、産後前の健やかな髪を取り戻しましょう!

 

産後に髪の毛がチリチリに!髪質が変わるのはなぜ?

産後に髪の毛がチリチリに?対策にはシャンプーが効果的!

出産すると、妊娠前に比べて体に大きな変化が現れます。

肌荒れを起こしたり、イライラしたり、腰痛になりやすいのも出産後の体の変化の一つですよね。

 

管理人
私の周りにも子育中の友人がいますが、産後は育児だけでなく、体の変化が辛いということもよく聞きます。

 

しかし、産後に起こる変化は肌や体調に関することだけではありません。

産後は髪質が変化し、髪の毛がチリチリになったり、くせ毛ができてしまうこともあるんです。

 

中には髪質が変わるだけでなく、抜け毛や白髪が増えるという人もいます。

どうして産後に髪の変化が起こりやすいのでしょうか?

 

産後の髪質の変化とは?

産後は主に以下のような変化が起こります。

  • 髪の毛がうねる
  • 髪の毛がチリチリになる
  • 髪の毛がパサパサになる
  • 抜け毛が増える
  • 白髪が増える
  • 髪の毛が細くなる

 

あまり良い変化ではないですよね。

中には元々はストレートだったのに、お子さんを出産したら髪の毛が縮れてしまったなんていう人も…

 

管理人
なぜ、産後に髪質が変わってしまうのでしょうか?

その原因が気になりませんか?

 

髪質とはそもそもどうやって決まっているのでしょうか?

髪の毛がチリチリになる原因と髪の構造についてご説明します。

 

髪質がチリチリになる原因

私たちの髪の毛はタンパク質で構成されていますが、髪質が変わってしまうのは髪の内部のコルテックスが関係しています。

 

そもそも、髪の毛がチリチリという状態は、くせ毛の一種です。

くせ毛は大きく4種類に分けられます。

  • 波状毛
  • 捻転毛
  • 連球毛
  • 縮毛

日本人に多いのは波状毛というくせ毛ですが、髪の毛がチリチリの状態はうねりの強い「縮毛」にあたります。

縮毛とはうねりが細かく、4つの中でもくせが最も強い毛です。

 

くせ毛の原因としては以下の3つが主な原因といわれています。

  • コルテックスの不均一
  • 毛穴や毛根のゆがみ
  • タンパク質の結合のずれ

 

コルテックスの不均一

産後に髪の毛がチリチリに?対策にはシャンプーが効果的!

髪の毛の内部にはコルテックスと呼ばれるタンパク質が複数集まっています。

コルテックスには柔らかいものと硬いものの2種類が存在します。

 

髪が直毛の人の場合、2種類のコルテックスはバランスよく並んでいますが、くせ毛の場合はコルテックスが硬いところと柔らかいところが偏ってしまっています。

 

毛穴や毛根のゆがみ

毛穴や毛根が歪んでいると髪の毛がまっすぐに生えてきませんので、結果として、カーブをした髪に成長していきます。

毛穴や毛根がゆがむのは遺伝的な理由が多いですが、加齢による頭皮のたるみにより起こることもあります。

 

タンパク質の結合のずれ

髪の毛はタンパク質がつながってできていますが、このタンパク質の結合がずれているとカーブした髪の毛になってしまいます。

 

これらの原因は生まれつきによる場合が多いのですが、後からくせ毛になってしまう場合もあります。

産後に髪質が変わるのは後天性のものであることがほとんどです。

 

産後に髪の毛がチリチリになる理由

産後に髪の毛がチリチリに?対策にはシャンプーが効果的!

産後に髪の毛がチリチリになったり、くせ毛になってしまう理由は主に3つあります。

  • ホルモンバランスの変化
  • 頭皮や髪のケアの怠り
  • 生活習慣やストレス

この3つのうち最も髪への影響が最も大きいといわれているのがホルモンの変化によるものです。

 

また、育児による頭皮ケアや生活習慣の乱れも髪質が変わってしまう原因といわれています。

 

ホルモンの影響

女性ホルモンの1種であるエストロゲンプロゲステロンが髪質に大きく関与しています。

それぞれのホルモンの作用と髪への影響についてみていきましょう。

 

エストロゲンの作用

エストロゲンは妊娠中に多く分泌され、出産時にピークを迎えます。

エストロゲンは女性らしい体を作り、出産のための基礎体温を上げたり、卵胞を成長させる作用があります。

 

また、髪の毛に必要なコラーゲンを増やし、髪の成長を促す作用があります。

コラーゲンが多いと、髪にハリやツヤが生まれます。

 

しかし、出産後はこのエストロゲンが減少し、髪の成長が抑制されます。

その結果、ハリやツヤが失われ、髪の毛が細くなったり、十分に成長ができなくなってしまい、弱々しく曲がってしまいます。

 

プロゲステロンの作用

プロゲステロンは母体や胎児を守るために、子宮内膜を厚くしたり、乳腺を発達させる働きがあります。

また、髪の周期(ヘアサイクル)を促進させる作用もあり、妊娠中は髪の毛が抜けにくくなります。

ヘアサイクルが伸びることにより、髪の毛が成長するため、ハリやコシのある髪になります。

 

しかし、産後にプロゲステロンの分泌が減ると、ヘアサイクルの周期も戻り、その反動で髪の毛が抜けやすくなります。

エストロゲンもプロゲステロンもどちらも髪の毛の成長に欠かせないホルモンですが、妊娠中に増加し、産後に減少するという急激な変化が起きるため、髪の毛への影響も目立ってしまうんですね。

 

頭皮や髪のケアの怠り

産後に髪の毛がチリチリに?対策にはシャンプーが効果的!

ホルモンの影響以外にも髪の毛のケアが不十分になることも髪がチリチリになってしまう理由の1つです。

出産後は育児に専念するため、赤ちゃんが生活の中心となります。

 

そうなると、自分のことは後回しにしがちになりますよね。

十分に髪が洗えておらず、頭皮の汚れが落とせていなかったりすると毛穴がつまり、髪の成長を妨げてしまいます。

 

さらに、日中に受けたダメージを補修することができず、髪の毛の痛みが蓄積してしまいます。

頭皮や髪のケアができていないと、髪が乾燥しやすくなり、健康な髪が生えにくくなります。

 

すると、ダメージを受けた髪が外からの刺激を受けてさらに痛むという悪循環によって、縮れた毛になってしまうんです。

 

生活習慣やストレス

生活習慣も産後の髪と関係しています。

 

頭皮ケアと同じく、子育に集中していると、食事が疎かになったり、赤ちゃんの夜泣きによる睡眠不足やストレスを抱えてしまいます。

その結果、血流や栄養が不足してしまい、髪の成長に必要な栄養や血液が頭皮に行き届きません。

 

そもそも、授乳中は母乳に必要な栄養が行くため、髪の毛に栄養が行きにくい状態なんです。

 

これに加えて、生活習慣の乱れやストレスがあると、髪の毛が成長しづらくなります。

 

そして、髪が細くなったり、チリチリになってしまいます。

酷いと抜け毛や白髪が増えてしまうことことにもなりますよ。

 

産後の髪の毛がチリチリになった時の対策

産後に髪の毛がチリチリに?対策にはシャンプーが効果的!

産後の髪質が変化してしまう大きな原因はホルモンの影響によるものです。

しかし、ホルモンの分泌を妊娠時のように増やすことは難しく、食事や生活習慣でホルモンの量を維持するしかありません。

 

特に授乳中は母乳を作るのに大切なプロラクチンというホルモンが増えています。

エストロゲンはこのプロラクチンを抑制する作用があるため、無理にエストロゲンを増やそうとすると、母乳が出にくくなってしまいますよ。

 

そうすると、次に考えられる対策としては頭皮環境の改善ですよね。

髪の毛と頭皮のケアで重要なのは毎日のシャンプーとトリートメントとなります。

 

シャンプーを変える

髪質が変わってしまう理由には、毛穴や毛根のゆがみも関係しています。

 

毛穴や毛根の歪みは生まれつきによるものもありますが、毛穴に汚れがつまっていることが原因の場合もあります。

その場合は、シャンプーを変えて頭皮の汚れをしっかりと落とすことで改善することができます。

 

髪質に合ったシャンプーを使用し、頭皮環境を改善することで、健やかでハリのある髪が生えてくるようになりますよ。

 

トリートメントを使う

トリートメントは傷んでいる髪の毛を内側から補修する効果があります。

すでに生えている髪の毛が縮んでいる時は、髪の毛の表面ではなく内側に問題があることが多いので、トリートメントで内側を整えてあげることが大切です。

 

トリートメントを行うことで、髪の内部に栄養を与えて補修し、保湿もすることができます。

 

産後のチリチリの髪におすすめのシャンプー

産後の髪質改善にシャンプーが大切であることをお伝えしました。

しかし、デパートはドラッグストアには様々な種類のシャンプーが売られていますから、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

 

管理人

『高いシャンプーのほうがいいのかな?』

なんて私も最初は思っていましたが、金額は関係ありません。

 

シャンプーを選ぶ時は値段よりも種類が大切なんです!

 

産後のチリチリの髪質を改善するなら、シャンプーは以下の2つを抑えましょう。

  • アミノ酸系シャンプーであること
  • 馬油が含まれていること

 

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーは洗浄力が強すぎず、頭皮を優しく洗うことができることが特徴です。

 

産後のチリチリになった髪はキューティクルや髪の内部に栄養が足りず、ダメージを受けやすい状態です。

また、落とした皮脂が毛穴につまり、生えてくる髪が曲がってしまうこともあります。

 

しかし、市販のシャンプーは石油系シャンプーがほとんどで、泡立ちがいい代わりに洗浄力が強く、必要以上に頭皮を刺激してしまいます。

 

それに比べて、アミノ酸シャンプーは洗浄力が強すぎないので、皮脂を落としすぎる心配がありません。

頭皮の水分と油分のバランスを整え、乾燥を防ぐというメリットもあります。

 

馬油

馬油は人の皮脂と非常によく似た性質を持っており、皮膚に馴染みやすく保湿力が高いという特徴があります。

つまり、馬油配合のシャンプーを使うことで、頭皮を優しく洗えるだけではなく、しっかりと保湿することまでできるんですよ。

 

顔を優しく洗うというのは今は常識ですが、以外と頭皮に気を遣っている方は少ないです。

 

管理人
頭皮も顔と同じ皮膚なので、優しくケアしてあげましょうね。

 

さらに、最近ではトリートメントにも、馬油が配合されているものがありますので、シャンプーと一緒に使えば、保湿効果抜群で、髪の毛のツヤが出やすくなってきます。

>> 女子におすすめな髪質改善シャンプーランキング

 

最後に、おすすめの馬油配合アミノ酸系シャンプーをご紹介します。

 

リマーユヘアシャンプー

産後のチリチリの髪にいいのは、馬油を配合しているアミノ酸系シャンプーですが、中でもおすすめなのが『リマーユヘアシャンプー』です。

 

チリチリの髪とはいわゆるくせ毛なので、ダメージを受けやすいため、乾燥しやすいことや髪の毛がまとまりにくいという性質があります。

リバテープ製薬のリマーユヘアシャンプーは髪に優しいだけでなく、頭皮の乾燥も防ぎ、バリア機能を正常に保ちます。

産後はエストロゲンの減少により、コラーゲンの生成が減ってしまいますが、リマーユヘアシャンプーには水溶性コラーゲンも配合されています。

馬油とコラーゲンで髪に潤いやツヤを与え、健やかな髪へと導いてくれるんですよ。

 

リマーユヘアシャンプーを使った人の口コミ

リバテープ製薬のリマーユヘアシャンプーを使った人の口コミも見てみましょう。

 

30代女性(東京):佐藤尚子さん『馬油のベタつきが気にならず、しっとりしました』
佐藤尚子さん

馬油の香りやベタつきを心配していましたが、全然気にならず、むしろ柑橘系の香りがして使いやすいです。

ドライ後もしっとりとして、髪も落ち着いています。

サラサラした感触が長持ちし、パサついたり髪がまとまらないという方におすすめしたいですね。

40代女性(神奈川):吉川静江さん『もう手放せません』
吉川静江さん

年々髪がパサパサになることが気になっていました。

髪もまとまりづらくて、色んなシャンプーを使用しましたが、良いものに出会えずにいました。

リマーユヘアシャンプーは口コミを見て購入しましたが、使い始めて1ヶ月後くらいには髪にハリやコシが戻ってきたように感じます。

育児中の娘にも勧めて一緒に使っています。

※これは個人の使用感であり、効能効果を保証するものではありません。

 

 

まとめ

産後に髪の毛がチリチリに?対策にはシャンプーが効果的!

産後のチリチリの髪質には、女性ホルモンの乱れと頭皮や髪のケア不足が関係しています。

女性ホルモンを増やすのは大変ですが、頭皮ケアなら今から始められますよね。

今回ご紹介した馬油配合シャンプーを使用し、産後のチリチリの髪を改善していきましょう。

子育も大切ですが、自分の体や髪も労ってあげてくださいね。

産後に髪の毛がチリチリに?対策にはシャンプーが効果的!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です